xxxxx

  • 新着情報
  • サービス一覧
  • お問い合わせ

メッセージ(ブログ)

防災のサブスクリプションという考え方

2020.04.13  トレンド・ニュース代表のつぶやき

今われわれを苦しめている脅威は、言わずと知れた新型コロナウイルスです。市町村や県の垣根を越え、日本はおろか地球規模で、しかも長期にわたって私たちの健康や社会に、そして政治や経済に至るまで、甚大な被害を及ぼしています。その破壊力は、地震や台風をもしのぐものがあります。目に見えないこの難敵に世界中が日々翻弄され、とても他のリスクにまで意識が及ばないのが正直なところでしょう。確かに今「地震や台風への備えは十分ですか?」と聞かれたら「それどころじゃない!」と答えてしまいそうです。

ただ、残念ながら今回のウイルスとその他の天災はなんの関係もありません。コロナに苦しむ今この時にも、地震や台風、大雨による河川の決壊は起こり得ます。ならばすくなくとも天災に対してだけでも備えをすればよいのですが、対応しきれない企業が多数を占めるのはなぜでしょうか? 規模の限られる組織であれば目の前の業務に注力するあまり、「もしも」への備えに割く人材もコストも捻出の余地は限られる、それが最大の理由ではないでしょうか。

そんな組織こそ備えるべきもの、それが「防災のサブスクリプション」というわれわれの仕組みだと考えます。日本は災害大国。ならばなぜ企業は備えをせず、天災が起こるのを待つのでしょうか。人やお金の問題ではありません。すくなくとも私たちがつくりあげた「防災のサブスクリプション」が存在する今は違う、強くそう感じます。

田口

株式会社MGT |コンテンツ、オウンドメディア運営はプロにお任せください!

〒102-0083
東京都千代田区麹町6-6-2 東急四谷ビル5F WeWork
TEL:050-1744-2644050-1744-2644

PAGE TOP